お問い合わせに移動

LINEデジタルカタログ

デジタルカタログチャット画面

LINE×kintone

「LINEデジタルカタログ」は、紙やホームページで公開している情報を一元化し、誰でも気軽に使えるカタログサービスです。
付加価値満載でマーケティング効果大!

利用シーン

ふるさと納税、チャットでのカタログ観覧

対象

地方自治体
地方自治体
観光協会/観光ビューロー
流通・小売業
民間企業
民間企業

サービス概要

サービス概要

LINEを利用したカタログ配信によるメリット

LINEは国内ユーザ数8000万人を超える高い普及率に加え、幅広い年齢層に利用されている国内人気No1のソーシャルメディアです。
さらに、LINEには登録が簡単で登録解除されにくいという特徴があります。
LINEを利用してカタログを配信することは、専用のアプリやメールマガジンなどの配信よりはるかに高い宣伝効果を得ることが期待できます。

カタログをデジタル化する多くのメリット!

カタログをデジタル化することにより以下のメリットがあります。

  • 印刷・製本や郵送コスト、それにかかる時間と人件費の削減
  • ユーザが最新カタログをすぐに閲覧可能
  • カタログ配信にエリアの制限がないので、日本全国のユーザが閲覧可能
  • スマートフォンの中にすべてのカタログがあるので、営業時にその場ですべての商品を紹介可能

LINE でカタログ検索

いつでも、どこでもLINEでカタログの検索、閲覧が可能です。ECサイトやお問い合わせ先にリンクすることで、購入のハードルを下げ、機会を生み出します。

セグメント(ジャンル別)配信

ユーザは受信したいジャンルのカタログを設定することで、任意のジャンルのカタログのみ受信することが可能です。
また、管理者の方はユーザのニーズを把握することができ、今後注力していく商品のジャンルの参考にすることができます。

リピーター増加へ

新商品の案内やアンケートなどマーケティングに繋がる施策が行えます。
自治体では「ふるさと納税」などに利用すればリピーター獲得にも繋がります。

マーケティング効果大

誰がどのカタログ、どのジャンルのカタログを閲覧したのか、また、ユーザ全体でどのカタログを多く見ているかなどの情報を集計、グラフ化することが可能です。
ジャンル別配信を組み合わせることで、より詳細な集計をとることができ、効果的なマーケティングを行うことができます。
また、アンケートを配信し、ユーザのニーズを直接把握することも可能です。

お問い合わせ

受付

株式会社福島情報処理センター イノベーションラボ担当

受付時間

8:30~17:30
土・日・祝日、年末年始(12月29日-1月3日)を除く

TEL

080-6059-1481

※お問い合わせを頂いた場合、以下の個人情報の取り扱いについて同意したものとさせて頂きます。

個人情報の取り扱いについて

お問い合わせの際に確認した個人情報は、お問い合わせの受付ならびにご回答にのみ利用し、 福島情報処理センター 「個人情報・特定個人情報保護方針」 に沿って取り扱います。